2011年3月30日水曜日

数を数えましょう1~3(1)

数の数え方を覚えましょう!

1 ― 【アヂーン】 ОДИ́Н

☆ロシア文字を見て「ジーン」と発音しないように。また、ДИは「ヂ」と発音します。「ディ」とならないようにしましょう。
聞いてみましょう!

― 【ドゥヴァー】 ДВА 

☆「ヴァー」とならないように。ВАは英語のVAの発音「ヴァ」と同じです。

ロシア語の「B」は英語の「V」に相当します。英語の「B」と混同しないようにしましょう。
聞いてみましょう!

― 【トゥリー】 ТРИ

☆「リー」とならないように注意して、РИはイタリアやスペイン語などの”ラ(RA)行”の発音「りりりり…」と巻き舌になれば最高です。
聞いてみましょう!

さあー、覚えましょう!!

2011年3月24日木曜日

覚えたい表現(1)

ロシア語の表現を覚えましょう。
ロシア語のスペル(つづり)は、今は無理に覚えなくてもいいです。
慣れることが大事です。

※フリガナで、日本語とすこし違う発音のところは、ひらがなで書いてあります。

1 ①どうぞ、②どういたしまして

Пожалуйста.
パじャーゥスタ
聞いてみましょう!

◎発音のポイント
上の発音フリガナで、ひらがなの「じ」とあるところを注意しましょう。
これは日本語にない「じ」です。
「聞いてみましょう!」の発音をよく聞いて練習しましょう。

☞参考
日本語の「じ」を「じー」と長く伸ばす場合、その発音は「ジィ~ィ」とイの音だけが尾を引いて伸びています。ロシア語の発音では、それは「じ~~~じ」と「じ」の音のまま伸びます。
①日本語の「し」を発音するとき、舌の先を少し上にあげて、舌先が口のどこにもくっつかないようにします。
②次に舌先を少しだけ奥に引きます。
③その舌の形のまま、のどを使って「じ」と音をだします。

難しいですね!今、できなくても気にする必要はありません。
そのうちでるようになりますし、できなくてもロシア語として通用します。



2 (非常に) 良い!

(Очень) хорошо!
(オーチン) ハらしョー
聞いてみましょう!

◎発音のポイント 
ホロショー」とならないようにしましょう。

☞参考

ひらがなで「ら」とあるところは、軽く巻き舌にします。できない人は日本語の「ら」でいいです。
「ハらしョー」のひらがな「し」のところは 1 で説明しました「じ」が濁らない発音です。説明中の①~②のようにします。


3 (たいへん) ありがとう!

(Большое) спасибо!
(バリしョーエ) スパスイーバ
聞いてみましょう!

Большое は、日本語で「たいへん」と訳していますが、これは「大きな」という意味で。
大阪弁で、「ありがとう」というとき「おおきに!」と言いますが、このロシア語も「大きな感謝」ということで、大阪弁式だと思ってください。
ちなみに、「オーチン スパシーバ」(Очень спасибо!)とは言いません。

◎発音のポイント
「スパスィーとならないようにしましょう。

☞参考
「バリしョーエ」のひらがな「し」のところは 1 の参考で説明しました「じ」が濁らないようにします。


※いきなり難しい発音の仕方を書きましたが、文章で説明するには限界があります。ネイキッドの発音例を何回も聞いて練習してください。
発音については、このあとのブログ上で随時説明するつもりです。

2011年3月19日土曜日

ロシア語 前入門-その6

皆が知っているロシア語(1)

次の言葉は、実はロシア語なのです!

ノルマ НОРМА(ノールマ)
 もとの意味は、標準、基準などです。

イクラ ИКРА(イクラ―)
 日本ではイクラは、サケの卵ですが、ロシア語では「魚の卵」という意味です。
 そして「サケの卵」は「赤いイクラ」と呼び、「キャビア」のことは「黒いイクラ」と呼ぶのです。


★出会いを大切に!

どこかでロシア人と仲良くなったとき、自分が誰かを名のり、相手の方はどなたか尋(たず)ねられるようになりましょう。

◆私は○○です。
Меня  зовут ○○.
ミニャー ザヴートゥ ○○。
 私を   呼ぶ

例:Меня зовут Лена.(私の名前はリェーナです)
聞いてみましょう!

◆あなたは、どなた?
Как  вас  зовут?
カーク ヴァーズ ザヴートゥ
いかに あなたを 呼ぶ
聞いてみましょう!

2011年3月18日金曜日

ロシア語 前入門-その5

読めますか?

いきなりですが、下のロシア文字読めますか。
挑戦してみてください!

① ТАКАО
② НАКАЯМА
③ СИМАНТО

● Н ―→ n
● Я ―→ ya
● С ―→ s
● И ―→ i

英語のアルファベットと同じものや、まったく違うものなど、ロシア語のアルファベットを理解するのは大変ですね。
すこしづつ慣れてください。(それが難しい!!!)

ロシア語アルファベットには

☆英語と文字が同じで、発音が同じか似ているもの
☆英語と文字が同じで、発音がまったく異なるもの
☆英語にはない文字で、発音が英語と同じか似ているもの
☆英語にはない文字で、発音も英語とこ異なるもの


などがあります。
何回も、見たり、聞いたり、発音して慣れていきましょう。

ちなみに、冒頭のロシア文字の読み方は
高尾(たかお)
中山(なかやま)
四万十(しまんと)
でした。

2011年3月15日火曜日

ロシア語 前入門-その4

YES or NO? (「はい」か「いいえ」)

その3で、<便利な表現> として

МОЖНО? モージナ)

を紹介しました。

さて、その答えですが、もちろん「はい」か「いいえ」ですね。
英語だと、「YES」か「NO」ということになるのでしょうか。
その他にも、「どうぞ」、「だめです」や「できません」などシチュエーションによって
様々ですが、ここでは「はい」か「いいえ」にしましょう。

さて、「はい」や「いいえ」はロシア語ではつぎのように表現します。

ДА  はい=YES
ダー
聞いてみましょう

НЕТ いいえ=NO
ニエートゥ
聞いてみましょう


ДА には、見慣れない文字があります。
Д
は、文字名は「デー」で、英語のDに相当します。発音は「ドゥ」。
ギリシア文字のデルタ(Δ)と似ています。

これで「ダー」です。

НЕТ には、見たことのあるアルファベットしかありません。でも、「ヘトゥ」ではありません。英語とすこし発音が違います。
・最初のНは、文字名は「エヌ(エン)」です。英語のNに相当しまし、発音 は「ヌ」または「ン」です。
・次のЕは、形は英語のEに似ていますが、発音がすこし変わります。文字名は「イェー」、発音は「イェ」です。

これで「ニエートゥ」です。

2011年3月14日月曜日

ロシア語 前入門-その3

いちばん知りたい表現?

外国語を始めて、まず最初に覚えたいと思うのは、どんな単語や表現ですか?
「好きです」、「愛しています」と答える方が多いのではないでしょうか。
ちなみに、

英語では I love you.
ドイツ語 Ich liebe dich.
フランス語 Je t' aime.

では、ロシア語ではどうなるでしょうか。

Я люблю  тебя.
ヤー リュブリュー チビャー

普通この表現は必要ないかもしれませんので、興味のある方は覚えてみてください。

<便利な表現>

ロシア語会話で使える、便利な表現を覚えましょう。

МОЖНО?
モージナ
聞いてみましょう!

[意味]
~してかまいませんか?
~していいですか?
~できますか?

この表現は、許可を求めるときなどに便利です。
たとえば、
・部屋に入るとき
・コートや上着を脱ぐとき
・飲食のとき
・ある動作をおこなうとき
・その他許可や承諾をもとめるとき
など、使える場面はいろいろです。
ジェスチャーを付け加えれば、なお効果的です。

ぜひ覚えてください。

2011年3月10日木曜日

ロシア語 前入門-その2

あいさつをしましょう!

こんにちは!

ズドゥらーストゥヴィッチェ
ЗДРАВСТВУЙТЕ!
聞いてみましょう!

これはいつでも、どこでも使えるあいさつです。
すこし発音がむずかしいかもしれません。

★ポイント
(1)最初の「ドゥ」は「ど」とならないようにします。
(2)次の「らー」は、かるく巻き舌にします。また長音記号がついていたらアクセントのあるところです。
(3)ロシア語では、アクセントのあるところでは、少し長めに、やや強目に発音します。
(4)「トゥ」も「と」とならないように発音します。
(5)「ヴィ」の「ヴ」は、英語のの発音と同じで、上の前歯が下唇に軽く触れるようにして発音します。

※(2)の巻き舌が難しい場合は日本語の「ら」の発音でもかまいません。


さようなら!

ダスヴィダーニヤ!
ДО СВИДАНИЯ!
聞いてみましょう!

これはわかれるときのあいさつです。
こんどはそれほど難しくはありません。

★ポイント
(1)2つの単語が続いている言葉ですが、1つのように発音します。
(2)「ヴィ」の発音は上の「こんにちは」と同じです。
(3)「ダー」にアクセントがあります。(少し長めに、やや強目に!)
(3)最後の「ニヤ」は、「にゃ」にならないようにはっきり「ニ」「ヤ」と発音しましょう。

今日は、「こんにちは」と「さようなら」を見てみました。
あせらず、ゆっくりと、サンプルを聞いて練習しましょう。
最初は慣れることが大切ですよ。

2011年3月8日火曜日

ロシア語 前入門-その1

次の文字は何と読みますか?

РЕСТОРАН

「ペクトパー」?

上の文字は、英語のアルファベットが並んでいるようにみえますが、実はロシアで使われているキリル文字です。

「英語のアルファベットと同じじゃないか!」と思われるかもしれません。

そうです、文字は英語のアルファベットと似ていますが、読み方が違うのです。

これは食事をする場所の「レストラン」のことです。

ロシア語風に読むと「レストラーン」(restaurant)なんです。

上のアルファベットの並びを分解してみましょう。

Р 「エる」 英語のRに相当します。発音は「る」
Е 「イェー」 英語のEと同じ形です。発音はすこし変わって「ィエ」
С 「エス」 英語のSに相当します。発音は「ス」
Т 「テー」 英語のTと同じ形です。発音は「トゥ」
О 「オー」 英語のOと同じ形です。発音は「オ」
Р 「エる」 英語のRに相当します。発音は「る」
А 「アー」 英語のAと同じ形です。発音は「ア」
Н 「エヌ」 英語のNに相当します。発音は「ヌ(ン)」

これを続けると、「レストラン」となります。

ひとつひとつのアルファベットの発音や発音の規則がわかれば、どんな文字でも読めてしまうのが、ロシア語の特徴のひとつです。