2012年3月13日火曜日

文字を見ましょう(9)

ロシア語のアルファベットを英語と対比しながら見ていきましょう。
すぐ読めるようになりますよ!

※下記の表中の名称欄をクリックすると音声を聞くことができます。


《5》英語と文字も発音も異なる

文字 名称 発音 解          説
31 Ч ч チェー 日本語の「チ」は上歯の根本に舌を付けて発音しますが、ここでは舌を歯ぐきの奥に(上口蓋)付けて、パッと離すときに「チ」と発音します。
32 Щ щ シシ 「シシ」と表記してありますが、これは日本語の「シ」を強く発音することを表しています。
「静かに、シー!」という時の音です。
33 Ь ь ミャーフキ・ズナーク 文字の発音はありません。軟子音を表すとき子音のあとに付けます。このときの子音の発音は「子音+ィ」の発音になります。
【例】 л[ル]→ль[リ]


★発音練習

мать [マーチ] 母
соль [ソーリ] 
конья́к [カニヤーク] コニャック
карто́фель [カるトーふィリ] ジャガイモ

※ロシア語のアクセントのある位置の母音は、強く長めに発音します。
フリガナでは長音記号のついた文字がアクセントの位置です。
(母音が1つしかない単語はその母音がアクセントですから、強く長めに発音されます。)



★有声音(濁音)と無声音(清音)

有声音はある状態のとき、無声音の発音になります。また、その逆になる場合があります。
無声音と有声音の対応表
無声音 有声音
т ←→ д
к ←→ г
с ←→ з
п ←→ б
ф ←→ в
ш ←→ ж


ある状況とは、
①有声音が単語の末尾(語末)にある場合、
②無声音の直前に有声音がある場合
③有声音の直前に無声音がある場合、
①と②が同時にある場合
などです。

これらを子音の同化といいます。

1)子音の無声化

①語末


1 муж [ムーし] 夫:
         発音どおりでは[ムーじ(ж)]ですが、無声化すると[ムーし(ш)

2 хлеб [フリェープ] パン:
         発音どおりでは[フリェーブ(б)]ですが、無声化して[フリェープ(п)

3 шоколад [シャカラートゥ] チョコレート:
         発音どおりでは[しャカラードゥ(д)]ですが、無声化して[しャカラートゥ(т)


②無声音の前


1 водка [ヴォートゥカ] ウォッカ:
         発音どおりでは[ヴォードゥ(д)カ]ですが、無声化すると[ヴォートゥ(т)カ]

2 Хабаровск [ハバーらふスク] ハバロフスク:
         発音どおりでは[ハバーらヴ(в)スク]ですが、無声化して[ハバーらふ(ф)スク]


①+②複合型

1 поезд [ポーイストゥ] 列車、汽車:
         発音どおりでは[ポーイズドゥ(зд)]ですが、無声化して[ポーイストゥ(ст)

0 件のコメント:

コメントを投稿